安くしたい。就活時にかかる交通費と少しでも抑える方法

こんにちは!SHOKUMIRU編集部です!

地方に住んでいる学生の方が都市部で就職したいと思った時に最も負担になってくるのが交通費。

説明会から最終面接までだいたい3~4回ほどある中で毎回交通費を支払っていると、金銭的にもかなり負担になりますよね。

そして何度も足を運んだにも関わらず不採用だった場合の虚しさときたら・・・。と嘆きたくなる気持ちがものすごくわかります。

企業が交通費を負担してくれる場合もありますが、それは最終選考まで進んだ勝者のみの場合がほとんど。

交通費を安くしたいと思っている方は少なくないはずです。

今回は交通費を抑えて就職活動をする方法についてご紹介していきます。

 

就職活動での交通費はどれくらいかかる?

就活でかかる交通費は、どこで就活するかやどの地域に住んでいるかでも大きく変わってきますが地方から東京で就活をする場合、高くて20~30万円ほどかかると言われています。

もちろん内定を早く獲得し就職活動を終わらせることができればそれだけ安く済ませることができますが、10万以上かかってくるとかなり苦しいですよね。

就職活動はお金がかかるといいますが、いかにお金を貯めておく必要があるかがわかります。

ただ、学生のうちにそこまで貯金もできないかもしれません。

そうなると少しでも出費を抑えられるよう工夫していく必要があります。

 

企業から交通費を出してもらえる場合、内定は近いのか

中には企業から交通費を支給してくれるという話を受けることもあるでしょう。

交通費を出してくれるとなるとかなり優遇を受けているようにも感じるので内定はほぼ決定していると思う方もいるのではないでしょうか。

お答えするとそうとは言い切れません。

大企業などは選考途中でも交通費を支給してくれるところが多いです。

ただ、交通費を支給したとしても面接の結果がお祈りであったというケースはたくさんあります。

交通費を支給すると言われても一切気を抜かないようにし、できれば他の企業との面接の日程も同じ日に組めるようにするのがおすすめです。

 

交通費を安く抑える方法

少しでも就活にかかる費用を安くしたい・・・と就職活動をする方は誰もが思うことでしょう。

ではどのようにして交通費を抑えていけばいいでしょうか?

交通手段ごとに対策をご紹介します!

新幹線は学割、金券ショップを使う

新幹線を活用して就職活動をする方は、券売機で直接購入するのではなく、学生証を提出してみどりの窓口で学割の切符を買うか金券ショップまで足を運んで購入することをおすすめします。

学割か金券ショップのどちらが安いかは、金券ショップごとにも違いがあるので一概には言えないのですが学割の方が安くなることがほとんどだと言われています。

 

LCCを活用して飛行機代を抑える

北海道や沖縄など飛行機を利用する必要がある場合はLCCを有効活用しましょう。

LCCが普及していなかった頃は往復4万円ほどかかってしまっていた飛行機代も、現在では東京から名古屋までの往復新幹線の値段よりも安い料金で行き来できるようになりました。

セールも頻繁に行われているのでLCCの情報は常にチェックして、就職活動時にセール料金で行くことができるか調べるのが大切です。

 

青春18切符を活用する

夏のシーズンの就活の場合は、青春18切符を利用するという方法もあります。

夏の青春18切符は2018年7月20日(金)~2018年9月10日(月)の間に利用することができ、5枚つづりで11,850円で販売されています。

1枚あたり2,370円でその日中はどこまでも乗ることができるので、大幅に交通費を抑えることができます。

ただし、遠方から青春18切符を利用する場合はかなり時間がかかってしまうだけでなく、肉体的にもかなりしんどいので何度も利用するのは大変かもしれません。

夜行バスを活用する

最もおすすめの手段は夜行バスを利用することです。

夜行バスは平日であれば東京から大阪間でも2,000円台で販売されていることもあり、青春18切符のように期間が限られているわけではないので通年利用することができます。

これまでの交通手段の中でも、最も安く利用できるのが夜行バスです。

その反面、なかなか寝付くことができなかったり体を痛めてしまったりというデメリットもあります。

アイマスクやエアークッションなど工夫を凝らしていくことが大切です。

 

おすすめの夜行バス会社

就職活動で交通費を最も節約するなら、本州に住んでいる方であれば夜行バスが一番おすすめです。

安いだけでなく、寝ている間に到着するので時間の短縮にもつながります。

ただ夜行バスにもさまざまな種類があり、どの会社がいいか迷ってしまうもの。

そこで夜行バスヘビーユーザーのSHOKUMIRU編集部がおすすめのバス予約サイトとバス会社をご紹介します!

 

高速バス・夜行バスの格安予約サイト【バスリザーブ】

まずご紹介するのが夜行バスの予約サイトバスリザーブ。

こちらは常に最安値のバスの値段を調べてくれる予約サイトです。

夜行バスだけでなくエアリザーブという予約サイトも運営していて格安航空券の値段も調べてくれるので飛行機を利用する方にもおすすめです。

バスリザーブはこちらから登録ができます!


 

関東⇔関西・名古屋が格安のアミー号

続いてご紹介するのが関東から関西もしくは名古屋までの夜行バスを格安で販売しているアミー号。

早めに予約した時の割引があったり、500円をプラスすることで1人で2席利用できたりといったサービスも豊富のバス会社です。

特に1人で2席を利用できるのはストレスも軽減され、快適に過ごせるのでとてもおすすめです。

アミー号はこちらから予約ができます!

東京⇔大阪・京都・名古屋を格安で結ぶ、夜行バスのアミー号

高速バス会社の大手ウィラートラベル

最後にご紹介するのがウィラートラベル。

こちらのバスの特徴は格安の値段でゆったりシートに座れること。

ウィラー独自の4列ゆったりシートは普通バスと値段があまり変わらないにもかかわらず枕やフェイスカバー付き、足元もゆったりしているので快適に過ごせます。

東京-大阪間を2,800円で販売するなど値段も安いのが特徴です。

ウィラートラベルのバスはこちらから予約ができます!

\例えば、東京⇔大阪[片道]2,800円~/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

 

就活の交通費は少しでも安く抑えていこう

就活に交通費はどうしてもかかってしまうもの。ただ、安くいける方法を活用すれば費用を抑えて就職活動をすることができます。

また、説明会など自分に負荷が少ないものには夜行バスなどの費用を抑えていき、最終面接などここぞと言う時には新幹線という風に活用するのもいいかもしれません。

やはり交通費節約の王道は夜行バスなので、その環境に慣れるためにも活用していきましょう!

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
1991年生まれ。愛知県豊橋市出身。 新卒では小売業界に入社。その後、未経験からIT企業入社、未経験からカンボジアで営業職と未経験大好き人間になる。 帰国後、会社員として働きながら副業でライティングの仕事を始める。 現在はフリーライターとして複数メディアで記事を執筆中。 「働き方」に色々な選択肢を持てる社会にしたいとラーメンを食べながらよく考えています。