東京都内でおすすめする長期インターンシップ厳選5社

LINEで送る
Pocket

はじめに

東京都内オススメ長期インターンシップ

今年はインターンシップが盛んになり、多くの企業がインターンシップを行いました。しかし、本当のインターンシップとは一ヵ月以上の長期的な就労体験を指します。そこで、一週間程度では物足りない意識の高い人向けに長期インターンシップを募集している企業を5社ピックアップしてみました!

 

1.サイバーエージェント

長期インターンシップ

参照:https://www.cyberagent.co.jp/recruit/fresh/internship/

 

サイバーエージェントは、急激な変化を続けるインターネット市場を主戦場に、創業以来常に新しい事業領域においてサービスを立ち上げ、業績を拡大し、インターネット業界の開拓者として市場を牽引し続けている。

 就職したいならインターン参加は絶対!?

当社内定者の約4割が本インターンシップ経験者(2015年度実績)となっているので、サイバーエージェントに興味がある人は必見だ。

インターンシップは3つの分野のうち、どれか1つを選んで参加していく。

ビジネスコース、テクノロジーコース、デザインコースがあり、自分の興味ある分野を吟味して選ぼう。

 

2.アバクロ

長期インターンシップ

参照:http://internship-career.com/job/1129http://www.abercrombie.co.jp/ja_JP/home

USを代表するカジュアルブランドとして有名なAbercrombie & FitchとHollister。

海外ファッションブランド「Abercrombie & Fitch / HOLLISTER」PR業務内容で、英語を用いる場面もある。なかなかアパレル関係のインターンシップは少なく、外資系アパレル企業は新卒採用もほぼ行っていないので、貴重な機会といえるでしょう。

働ける条件は以下の通り!

・ビジネス英語の読み・書き・話しができる方(TOEIC900点以上級)
・週2日以上(平日)勤務できる方 (1日5時間、終日勤務できればなお良し)
・素直で明るい方
・責任感を持って仕事に取り組める方
・大学休学者・既卒者大歓迎!

 

ファッションに興味があって、英語が得意なら絶好のチャンスですね!

 

3.Retty

長期インターンシップ

参照:http://corp.retty.me/rbs/

Rettyは友達などの信頼できる人からお店を探せる次世代グルメサービス。

 

Rettyからの アツいメッセージは以下の通り
Rettyでは、既存のインターン制度を、「個々の成長スピード」にフォーカスした、”Retty Business School"制度に改め、世界のイノベーションに寄与する人材輩出を目指します。
自身の目で見て、全身で感じて下さい。多くの実現困難なChallengeに次々と挑戦し続け、自身の成長をHackしたい挑戦者を待っています。

 

とても熱い想いが伝わってきますね!給料も実力次第であがっていき、そのまま内定にも直結してくるとのこと。

 

4.テラモーターズ

長期インターンシップ

参照:http://www.terra-motors.com/jp/recruit/

EVの二輪車の開発・製造をし、社会にイノベーションを起こそうとしている。環境問題は近年深刻であり、その問題解決の一つとしてEVを広めていく信念を持つ会社である。

インターンシップ内容は、テラモーターズの国内での営業、広報、マーケテイング。能力によっては業務レベルも向上していく。

条件は以下の通り!

テラモーターズの掲げるビジョンに共感する方
3か月以上インターンに参加できる方
日常会話レベル以上の英語能力

 

内定にも直結していくインターンシップであり、EVの可能性を実現を目標にしているベンチャー企業なので刺激も多いだろう。

 

5.コンコードエグゼクティブグループ

長期インターンシップ

参照:http://www.concord-group.co.jp/recruit/internship.html

大手外資系コンサルティングファームや外資投資銀行、大手商社などのクライアント中心。従来の人材紹介業に多い短期的な利益を求めるスタイルではなく、“ご相談者との長期的なお付き合いを前提としつつ、個々のキャリア戦略を作り上げた上で、選考に向けたアドバイスを入念に行う”ことを特徴としている。

 

長期インターンシップの職務内容は以下の通り!

・クライアント企業(コンサル/投資銀行など)へインタビュー同行
・クライアント企業の紹介記事、求人票等の作成
・社会人としての基礎力を鍛えることができる事務作業(PPT・Excel・Word資料作成など)
・電話対応

 

能力とコミット時間数に応じて支給(月3万~15万円程度)※交通費全額支給とのこと。

 

まとめ

長期インターンシップは給料も出つつ、就労体験も同時にできます。アルバイトももちろん良い経験になるとは思いますが、半年くらいは企業の長期インターンシップに参加してもいいかもしれません。学生だとなかなか実際に働くというイメージが持ちづらいと思うので、社会に出る前に少しでも見ておくのは、良いアドバンテージになると思います。

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

あざ おざわ
大学では留学&留学アドバイザーを行っていました!会計やM&Aに興味があります。来年から社会人として会計関係の仕事を行いますー!