就活に必須の自己分析!いつどうやってやればいいのかサクッと紹介!

LINEで送る
Pocket

はじめに

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-imaric20160805210023

就職活動の準備の中でも大切なアクションとなるのが「自己分析」。「自分のことならもう分かっているから大丈夫だよ!」と考えている人はいませんか?実は就職活動の要はこの「自己分析」と言っても過言ではないです。そこで、自己分析の重要性とその取り組み時期について特集します。

 

自己分析とは

自己分析は、自分の性格や偏愛を自己理解する行動です。普段から自分の長所や短所を自認していることは多いですが、就活における自己分析は「今までの人生の振り返り」「今後の人生において大切にするであろう価値観の決定」とも言えるほどに大きな作業となります。なぜ膨大な作業をする必要があるのでしょうか。

 

自己分析の重要性

このページにたどりついた人の多くは、新卒採用で初めて就活をする人だと思います。アルバイト経験はあっても、「一生物の仕事」を経験した人はいないはずです。新卒採用はアルバイトと違い、簡単にやめることができません。終身雇用制度が崩れてセカンドキャリアを築く人が増えていても、最初のキャリアが関わってくるものです。
そこで、「最初で最後のファーストキャリア」に後悔があってはならないので、「この選択であれば後悔することはない!」と心に誓うことのできる価値観や条件を探すことが自己分析を行う意義になっています。

 

自己分析の例

過去の出来事や自分の取り組みを思いだし、そこから自身の譲れない価値観を見出だします。例えば…「両親が転勤族で苦労したから転勤のない仕事がいい!」「迷子になった3歳の自分を助けてくれた警察官のようになりたい!」「コンテストに出るほどアイデアを産み出すことが好きだから、企画の仕事をしたい!」など。就職した途端に今の自分が別人のように変わることはありませんので、現在持っている価値観から将来の理想を考えてみましょう。

 

自己分析をはじめる時期

上の文章を読めば気づいてくるかもしれませんが、自己分析は「企業研究」「インターンシップ」よりも先に行うべきことです。就職活動を始めるということは「自己分析を始めること」と言っても過言でないかもしれません。自己分析によって自分の求めるものが見えてきたら、それに合致する企業を探し、研究やインターンシップによってその仮説を検証する作業へと推移するのが理想的な流れです。
ただ、いきなり自己分析だけ行うのも難しいと思います。独りよがりになっても意味がありません。企業研究やインターンシップも並行して取り組みながら、自分の思いにも修正を繰り返し、就職活動が終わるまでにその真意と合致する企業が探せることが理想です。

 

まとめ

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yuka862_megahon15203358

極めて重要なアクションとなる自己分析。行う際には両親や友人など今までにお世話になった人にアドバイスや評価を求めると進めやすいかもしれませんね。

LINEで就職相談する♪

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

永井 梨緒
1995年生まれ。岡山県倉敷市出身。日本大学経済学部3年次在学中。大学1年次にサークルの立ち上げを経験。現在は大学で経営学を学びながら、メディア編集部にて活動。初対面の方とすぐ打ち解けられることにおいては誰にも負けません。