「スタディサプリ」を運営するリクルートマーケティングパートナーズに行ってきた!

皆さん、こんにちは。オオツカです。

■人物紹介 大塚理子
獨協大学法学部2年生。ライター。OBOG訪問を135人やって記事にしたり、ベンチャーの社長さんに取材した経験を持ち、現在は草加市のインターネット放送局のレポーター、広告運用のインターンをやったりしている。
最近の流行りはランチパックの具だけ食べること。将来的には地球を破壊したい。

 

今回お伺いするのはリクルートマーケティングパートナーズさん。京橋駅から徒歩2分。


駅を出たらすぐに見えます。

 

オフィスに到着!

オフィスに到着しました!

 

株式会社リクルートマーケティングパートナーズさんとは?

リクルートマーケティングパートナーズ ざっくり

・「cheers!your life.人生に、拍手があふれる世界を。」を企業メッセージとして掲げ、人生の”しあわせの総量”が増えている世界を目指している。

・「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。」とのコピーで話題を集めた結婚情報サービスの「ゼクシィ」を運営。中古車情報メディア「カーセンサー」。社会人のためのまなびコンテンツ「ケイコトマナブ」、そして、大学受験を主に扱う「スタディサプリ」などを展開している。

・京橋、日本橋、銀座にも拠点がある。

今回はスタディサプリ(旧 受験サプリ)を中心に探っていきます!

 

スタディサプリの田久保さんと広報の平畑さんがお出迎え!

 

リクルートマーケティングパートナーズさんのオフィスをのぞき見

一人で集中して仕事に取り組みたいときは小さいカフェにありそうなテーブルで仕事をしたり、大人数でのミーティングでは木目調の机でホワイトボードと共にミーティングしたりなど、用途によって自由に時と場所を選んで働くことが出来そうですね。

また、こちらもワークスペース。

オフィスに長机があるなんてここはカフェですか?
と一瞬思ってしまいました。

また、高さも工夫されており執務エリアからは見えない設計になっているというのだから驚きです。

 

大学生が討論中!

なぜこの場所に大学生がいるのかというと、彼らはスタディサプリ合格特訓プランのコーチをやられている方々のようです。
塾で言う「チューター」でしょうか。
どういったプランなのかは後ほど田久保さんにお伺いしたいと思います。

そんな彼ら、今回は彼らが受け持っている生徒に関しての情報共有をしているようです。

皆さん真剣ですね。

具体的に
・チャットは元気が良いが勉強が進んでいない生徒
・全く返信しない生徒
・量をこなしているが内容が薄い生徒
・自分で考えようとせずなんでもかんでも質問する生徒

などなど..沢山挙がっています。そういった課題に対する解決策を出し合っていました。

 

リクルートマーケティングパートナーズさんの執務エリアへ!

それでは、7階の執務エリアに行ってみたいと思います。

リクルートさんにお伺いして一番びっくりしたことはフリーアドレス席で仕事をして良い、という社風。

「こんなに会社も広いし、セキュリティ大丈夫?」と思ってしまうかもしれませんが社外に持ち出し可能な情報のランク分けをし、徹底管理を行っているため、扱う情報のランクによってはどこででも仕事をして良いそうです。

 

執務スペースでも様々な働き方が出来ます!

広報の平畑さんを見つけました。
このように立った状態でもお仕事ができます。

少々この写真では分かりませんが、この近くには卓球台もあり、気分転換として利用する社員さんも多いそうです。

ちなみに手前に田久保さんと3人の社員さんがいらっしゃいますが、これからセンター試験や私立大学入試などの重要な受験イベントに向けた施策の打ち合わせ中です。コーチの採用担当者やアプリ開発者が一緒になってこういった施策を考えスタディサプリの運営のお仕事をされています。
まさにスタディサプリの大黒柱ですね。

大学受験生への手厚い学習サポートはこのようなこたつ机を囲んだ議論を通して行われているなんて本当に新鮮です。

 

スタディサプリグループの田久保さんにサービスの成り立ちをお伺いしてきた!

スタディサプリがどうして生まれたか、きっかけを教えていただけますでしょうか?

はい、大学受験などの目的に沿って「学ぶ」際、塾や予備校に通う選択肢があると思いますが、地域によってその数も違いますし、お金もかかります。これらの域格的・経済的な格差を解決したい!との想いをきっかけに、2011年よりスタディサプリ(旧 受験サプリ)は始まりました。

最近では大学受験という用途だけではなく幅広い目標に特化した動画も配信しているようですね。

はい、月額980円でカリスマ先生の講義動画1万本見放題です。私たちはそれを「神授業」と呼んでいます。

最近では高校約1000校で、スタディサプリを学校単位で導入していただいていて、高校3年間の授業はもちろん、中学3年間、さらには小学4~6年までの授業も網羅していることから生徒の「分からない」を遡って解決することも可能です。

また、日本だけではなくアジアやメキシコにも進出しており、さらにたくさんの方々が地域場所問わず使ってくださっています。

なるほど、先程MTGをされていた大学生も関わられている「合格特訓プラン」に関して教えてください!

今年の3月から9800円で授業動画見放題+学習のカリキュラムと大学生コーチのサポートがついた『合格特訓プラン』の提供を開始しています。

各生徒さんの志望校や学習開始時期に合わせ、授業動画とおすすめの参考書や過去問の着手スケジュールを組み合わせてカリキュラムとして提示し、大学生コーチが自分の受験経験を活かして生徒さんをモチベートしたり学習の困り事や悩みをチャットで解決していく仕組みになっています。
月額9800円と言う価格を高いと感じるかもしれませんが、サプリが提供する志望校合格への年間学習プランに沿って、科目数の制限なく、チャットで簡単に学習の不明点や悩みを聞けることが最大の特徴ですね。今なら14日間無料で体験できます。

これなら塾のように分からないところも聞くことできますね。

そうですね。動画での学習コンテンツを配信している会社は沢山ありますが、その中でも対人でないと難しい、“直接分からない事を聞く”、事はどうしても取り除けなかった課題でしたが、IT×人を組み合わせることで解消できたのは良かったです。高校生はチャットで気軽に大学生コーチと悩みや疑問をやりとりし、コーチも自分の受験体験などを長文で熱意を持って答えているので、そのやりとりをみていると確実に学習伴走効果が出てきているなと思います。

例えば「親や友達に、本当は自分の実力以上の大学を目指したい、と相談できなかったがコーチにならそれを打ち明け、一緒に頑張る事ができている」という声も届いており、学習だけではなく進路相談や生活相談など精神的な面でも相談に乗ることが出来たと思います。

他に実際に受験生からはどのような声が届きましたか?

モチベーションが上がった!という声や、学習の習慣がついた!という声も多く頂きました。
これまで980円で提供してきたスタディサプリで合格した生徒は、スケジュール管理を自身でこなせ、学習習慣を継続させることができる人がほとんど。ですが、どのタイミングで何を学習するかなど自分でスケジュール管理をできる人たちはなかなかいません。
そのため、カリキュラムもこちらから提示したり、自分の能力にあった赤本や授業動画を学習することで、勉強が習慣化されるのだと思っています。合格特訓プランを活用する生徒の学習時間を、コーチなしのプランと比較してみると3倍ほど伸びており、数字の面からみても期待以上の成果は出せているのではと思っています。

他の学習動画配信を行っているサービスと比べてみてもこのような機能はなかなか聞いたことがないです。

そうですね。いくら無料・安価で動画が見られてとしてもやはり「モチベーション」が無いと続きませんし、自分から見に行かなければ受け身で終わってしまう、これはサービス提供側からしてとても残念です。今後も受験生の「原動力」の後押しをしていけるような機能の追加も新たに考えています。

将来的にこのようなサービスを機能を追加していきたいなど、ビジョン等ありましたら教えてください。

今週受けた授業に対して忘却曲線に基づきプッシュ通知で動画の復習を促す、といった機能を将来的には追加していきたいですね。

また、センター試験対策も本格的に行っていかなければならない時期なので12月はセンター試験本番と同じ時間帯・科目で一斉に過去問を解く、「一斉過去問デー」を設けようか、との構想も練っていまして。
今年始めたこのサービス、受験生の全員合格を目指して、教育業界に革命を起こすような新しいことをこれからもやっていきたいです。

 

まとめ

リクルートマーケティングパートナーズさんを取材させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

スタディサプリは大学受験だけではなく、小学生や中学生の授業も含まれているので、これなら「分からない」をそのままにせず、遡って解決することが出来ます。スタディサプリENGLISHではTOEIC対策もできるので、大学生、社会人も活用できますね。

第一志望の大学を夢から現実に。

塾のようにその場所に行く必要がなく、いつでもどこでも学べるようになったのは本当に凄いことです。そして、それを支えている方々の背景を知ることができたのも本当に勉強になり、「私の受験生時代はこのような機能は無かったな」と思う反面、

「これからの受験生はどのような学習方法で受験に臨んでいくのか?」も、本当に未知数であると実感し、改めて教育業界の可能性を感じました。

田久保さん、平畑さんを始め、リクルートマーケティングパートナーズの皆様、取材のご協力有難うございました!

 

以上、大塚でした。

どろん。

会社情報

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

〒104-0031
東京都中央区京橋2-1-3
京橋トラストタワー

JR 「東京」駅 八重洲南口より徒歩4分
東京メトロ銀座線 「京橋」駅 7番出口より徒歩1分
東京メトロ銀座線・東西線 「日本橋」駅 B3出口より徒歩5分

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
大塚 理子
獨協大学法学部2年の大塚理子です。ライターだと思いますがご想像にお任せします。好きな食べ物はパン。埼玉県の東武線沿線のヴィドフランスは制覇し、一日に3種類はランチパックを食べないと落ち着かない性格です。