時間革命を実現するオフィス!株式会社BearTailに行ってきた!

BearTail ベアテイル 最寄駅

こんにちは、SHOKUMIRU編集部です。今日は御茶ノ水で取材です。

◼️人物紹介 shillome
デザインしたりお芝居したりへんてこで幸せな恋愛をしたりで暮らしている大学生。
とてもお腹が弱い。

 

御茶ノ水駅から徒歩3分!

BearTail ベアテイル 道のり

オフィスへは御茶ノ水から徒歩3分ほど!

左右に楽器屋が立ち並ぶ通りを歩いてすぐです!

BearTail ベアテイル 最寄駅 オフィス前

オフィスに到着です!

緑色の大きなビルが目印!

 

今回訪問する会社は株式会社BearTail

株式会社BearTailざっくり

・2012年に設立。2019年2月に大阪に拠点を開設し営業を拡大

・経費精算を効率化するサービスDr.経費精算や自動家計簿サービスのDr.Walletの開発運営をしている

・2019年3月に御茶ノ水へとオフィスを移転

 

社員の伊東さんがお出迎え

BearTail ベアテイル お出迎え

入り口に到着すると笑顔が素敵な社員の伊東さんがお出迎えしてくれました!

オフィスも3月に移転したばかりなので様々なお祝いの花が飾られています!

 

株式会社BearTailのオフィスを探検!

BearTail ベアテイル ラウンジ

早速BearTailのオフィスを探検させてもらいました!

入ってすぐ目に入ったのはカフェのようなラウンジ。

気分を入れ替えて作業をしたい場合に使ったり、社内外の交流イベント(通称:締め会)で使ったりなど様々な用途に使われるそうです。

BearTail ベアテイル ステッカー
受付にはたくさんのステッカーが!

BearTailとはその名の通りクマの尻尾という意味なので、ロゴにもクマさんが使われています!

ちなみにBearTailという社名は「こぐま座の尻尾に位置する北極星のように、社会の道しるべとなるような、大きな価値を届ける存在になることを目指す」という思いが込められているそう。

ロゴのとても可愛い子グマには、とても素敵な意味が秘められていました。

BearTail ベアテイル 熊

会社名にちなんで、ラウンジには可愛い熊の置物が!

なんとこちらは座ることもできるそうです!

座るのがもったいない可愛さですね…

 

経理の方が泣いて喜びそうなサービスDr.経費精算

BearTail ベアテイル サービス紹介

ラウンジの棚の上にはBearTailのサービスであるDr.経費精算の新サービス「ペーパーレスプラン」が!

Dr.経費精算は、領収書を撮るだけで経費精算を完結できるアプリ。
更に「ペーパーレスプラン」を利用すれば、領収書本体も保管することなく、ポストに投函するだけ!

BearTail ベアテイル サービス紹介2

ポストは月末にBearTailに送られ、経理部の方々が行っていた領収書の確認作業を代行するというサービスです。

経費精算は地道な作業な上に入力にも時間がかかります。その全てを代行してもらえるのは嬉しい限りですね。

 

ダブルブッキングを防ぐ工夫がされた会議室がすごい

BearTail ベアテイル 会議室

BearTailでは、会議室やオフィスにも「時間革命」を実現するための工夫が施されていました!

会議室は、BearTailのバリュー(行動指針)である「MOVE FAST」「TEAMWORK」「CUSTOMER SUCCESS」がそれぞれ名付けられています。

そして特徴的なのが、会議室で利用しているシステム!BearTailでは「touch-mee」という機能を利用しているそう。

BearTail ベアテイル 会議室2

touch-meeは専用のシートを会議室前に貼り付けスマホをかざすだけでチェックイン・チェックアウトができるようになるシステムです。

会議室の空予約を防止できるだけでなく、スマートフォン上で空室検索や利用時間の延長も可能になるとのこと!とてもユニークで効率のいいサービスですね。

BearTail ベアテイル 会議室3

さらに会議室の机には社内・社外を問わず会議は30分以内という表記が…。

時間革命、効率化への徹底ぶりを感じます。

 

働きやすさと快適さを意識して作られた執務スペース

BearTail ベアテイル 執務スペース

執務スペースにも案内させてもらいました。

執務スペースにも社員の方が効率よく仕事ができる工夫がされているのだとか。

それがこちらのモニター!

社員全員にワイドサイズのモニターを提供しているそうです。エンジニアの方も、大きいモニターの方が仕事がしやすいですよね。生産性向上の取り組みに妥協がありません。

BearTail ベアテイル クッション

そして!

生産性を高めるためには質のいい休息も必要!との思いから、思いっきり横になれるクッションもありました。

寝心地抜群です。

BearTail ベアテイル 本

執務スペースの奥には技術本やビジネス本もずらり!

社員の方どうしで持ち寄ったりもするそうです。集中できるスペースで勉強も捗りそうです。

 

社内には時間革命の工夫がまだまだいっぱい!

BearTail ベアテイル ランチサービス おかん

社内にはまだまだ効率化への取り組みがされていました!

まずは「外出しなくても健康的な食事ができる工夫」。BeatTailでは社員のランチのために、おかんというサービスを利用しているそうです。

おかんは、1ヶ月冷蔵できる健康的で美味しいお惣菜をオフィスや自宅に定期的に届けてくれるサービス。栄養価も考えられたおかずが送られるため、健康的な食事ができるのだとか。

外出の手間が省けるだけでなく、健康的な食事もできて一石二鳥ですね。

BearTail ベアテイル インサイドセールス

こちらの壁に仕切られた空間は「インサイドセールス専門ブース」。web会議ツールなどを駆使して、外出をすることなく営業ができるようになったのだとか!

さらに静かな空間のため、社員の方が集中して仕事をしたい時にも利用されるそうです。

あらゆることが社内で完結できる、まさに時間革命なオフィスです!

 

次ページ社員の方へインタビュー!

2019年OPEN!友人や知人と
気になる企業に行ってみよう!

SHOKUMIRUと連携した
会社訪問ができるサービスがOPENします!

インターン・就職・転職する前に
企業の雰囲気を感じてみませんか?

事前登録はこちら(無料)

事前登録はこちら(無料)


この記事を書いた人
1991年生まれ。愛知県豊橋市出身。 新卒では小売業界に入社。その後、未経験からIT企業入社、未経験からカンボジアで営業職と未経験大好き人間になる。 帰国後、会社員として働きながら副業でライティングの仕事を始める。 現在はフリーライターとして複数メディアで記事を執筆中。 「働き方」に色々な選択肢を持てる社会にしたいとラーメンを食べながらよく考えています。