株式会社LIFULLが移転!フルリノベーションしたオフィスに行ってきた!!

皆さんこんにちは。本日は半蔵門にて取材です。

人物紹介 山下優紀
山口大学教育学部英語教育選修4年(現在休学中) 大学2年生で1ヶ月のフィリピン語学研修をきっかけに、学生5人でSea Glass山口支部を立ち上げる。山口の学生のきっかけ作りをテーマに留学トークライブや講師を招いた就活セミナー、キャリア合宿など数々のイベントを手掛ける。その後、教育学部を休学し、東京のITベンチャーで半年間新規事業の企画・マーケティングのインターンを経験。現在は就活メディアのライターやブログで地方学生の就活・IT・インターンについて発信している。趣味はカフェ巡りとランニング。

 

半蔵門駅から徒歩2分!

 

オフィスに到着!

リノベーションしたとは思えないおしゃれな建物!!

中に入るのが楽しみです!!

 

今回訪問する会社はこんな会社!

株式会社LIFULL ざっくり

・「おウチ見つかる、ホームズくん。」のCMでおなじみ!総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」の運営会社。

・その他、介護、引越し、保険、トランクルーム、インテリアなど様々な住生活情報サービス業を行っている。

・4月に社名を株式会社ネクストから株式会社LIFULLに変更。オフィスは築約50年のビルを一棟借りしてフルリノベーション。

 

広報担当の吉川さんがお出迎え

人物紹介
クリエイティブ部 コーポレートコミュニケーショングループ
広報 吉川 幸恵

 

株式会社LIFULLさんのオフィスを探っていきます

 

入ってすぐに目に入ったのは、ペッパーくん!!

1Fの入り口ではペッパーくんがお出迎えしてくれました!

 

ここはLIFULLさんの社員食堂!!

こんなにおしゃれな食堂で毎日健康的なランチが食べられるなんて最高ですね。

しかもなんとこの社員食堂、一般開放もしているそうです!

「ENGAWA(縁側)」をオフィスのコンセプトとしていて、社外の方と日本の縁側のように緩やかに繋がれるコミュニケーションの場にしたいという思いを込めて一般開放にしたそう!

 

2Fへ進むと、エントランス!

LIFULLのロゴマークのオブジェがどーんと置いてありました!

このLIFULLのロゴマークは、世の中の課題にフォーカスするという意味が込められているそう。

 

奥には電子パネルが3つも!

この電子パネルにうつる模様も意味があるそうで、

これは「LIFULL Act」というLIFULLさんの製品開発ポリシーに近いものだそうです。“私たちはこんなサービスや価値をつくっていきます”という指標のようなものらしく、例えば◯にはFor Allという意味であらゆる人のためになるか?という意味があるそうです。

その他にも

LIFE-centered それは、LIFEを中心に考えているか?

Happy それは、安心と喜びをもたらすか?

Simple それは、本質を追い求めているか?

Amazing それは、スゲーと思えるか?

といったものがあるそうです!

 

エントランススペースがおしゃれでとっても広い!!

建物全体がコンセプトである「ENGAWA(縁側)」を元に、内と外の繋がりを重視しているそう。

木造りのデザインを中心とした和と自然をイメージさせるデザインになっていました。

プロジェクターも設置されており、イベントも行えるそうです。

 

大きな黒い支柱があった!

リノベーションする前からあった支柱をそのままむき出しにされたそうです。なんだか迫力がありますね!

 

社内にはコワーキングスペースが!?

こちらは、LIFULL HUBといってコワーキングスペース個室、固定席もありますがスポット利用も可能だそうです。

起業を目指す人や、NPO法人など様々な職種の方々がコワーキングスペースを利用する事で、多彩な化学反応が起こることを期待しているそうです。

これも「ENGAWA(縁側)」をイメージして社内と社外の境目が曖昧なスペースを作ることで、人が集まる空間をイメージして作られたそうです!

 

きちんとロッカーも完備!

おしゃれさだけでなく、機能性も抜群!!

使用する人の気持ちまでしっかりと考えられたスペースとなっていました!

 

みんなでスクリーンを見る時はこの場所!!

こちらでは向かいにスクリーンを下ろすことができます。

取材時はまだオープンしていませんでしたが、オープンした現在は平日の夜を中心に社内外のイベントで利用されているそうです!

 

会議室がズラッと並んでいた!!

長い廊下にズラッと会議室が並んでいました。

 

会議室の中を覗いてみた!

会議室の入り口には1つ1つ電子パネルがあり、電子管理が行われていました!

 

こちらは、社長室とリフレッシュスペースのある5階

右奥に見える部屋の中が社長室だそうです。

このスペースでは、社員の方が落ち着いて心と心の距離が近づけられるよう他の階と比べて

照明を暗めにしているんだとか。

さらに、階によってなんと木の明るさと材質も違うそうです!

細かいこだわりが感じられますね!!

 

こちらがリフレッシュスペース!

ガラス窓に文字が書いてあるところもおしゃれですね。

早速中に入ってみましょう!

 

中はソファーも椅子もある明るい空間だった!

中に入ると、ここでランチしている方や休憩している方もいて、普段から多くの方が利用されるそうです。

入り口側には立って飲み物が飲めるテーブルやコーヒー販売機もあり自由に使えるスペースになっていました。

 

執務スペースはこんな感じ!

執務スペースは落ち着いた色合いで、皆さんもくもくと仕事をされていました。

デスクとデスクの通路が広めにとってあり、広々として過ごしやすそうでした!

 

執務スペースの奥にはディスカッションスペース!

こちらにはながーーいホワイトボードが!!

これならいちいち消さなくても、どこまででもアイデアを書いていけますね!

 

リノベーションされたお話を伺った!

吉川さん「私たちは本社移転にあたって、新しい“コミュニケーションの場”を持ちたいと考え、いろんな人が心地よく交流ができる環境になるよう新社屋のコンセプトを『ENGAWA(縁側)』としました。

閉ざされたオフィスではなく、ソトに開くことで、社員一人ひとりが常に新しい情報に接する機会を増やし、新たなアイデア創出とイノベーションが起こる場になってほしいと思っています。」

築約50年の物件を選んだ理由は、LIFULLさんは不動産情報を扱う中で既存物件の活用をうたっているそうです。その中で以前のような新しいビルに入っているより、自社が積極的に既存物件を活用しては?という声が社員から上がった事がきっかけで、2年半かけ1棟で借りられる都心のビルを見つけて、リノベーションしたそうです。

あまりにも新しくてリノベーションしたとは思えなかったため少しでも築約50年という雰囲気がわかる場所を案内していただく事に!

 

表側とは違い、裏側は以前のままでとてもシンプル!!

前から見るイメージとは全く違い、リノベーションのすごさがよく分かりました!

 

オフィス見学終了!まとめ!

株式会社LIFULLさんを訪問させていただきましたがいかがでしたでしょうか。ぜひ、株式会社LIFULLさんの、オフィス1Fのカフェスペースに訪れてみたり、2Fのコワーキングスペースも活用してみてください!!

 

会社情報

会社名株式会社LIFULL
代表者井上 高志
設立1997年3月
事業内容不動産情報サービス事業
総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフル ホームズ)」の運営

その他事業
家具・インテリアECサイト「LIFULL インテリア」の運営
URLhttp://lifull.com/

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
永井 梨緒
1995年生まれ。岡山県倉敷市出身。日本大学経済学部3年次在学中。大学1年次にサークルの立ち上げを経験。現在は大学で経営学を学びながら、メディア編集部にて活動。初対面の方とすぐ打ち解けられることにおいては誰にも負けません。