企業へ電話する時のマナーを知っていますか?時間帯や基本的な話し方を紹介!

はじめに

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-saya072162920

就職活動の際、面接の時間や応募条件の確認など、企業に電話することがあります。でも、言葉使いや電話する時間帯など、最初はわからないものです。そこで、この記事では企業へ電話をする場合の基本的な話し方や時間帯といったマナーを紹介します。

 

電話すべき時間帯

まずは、企業のスケジュールを把握しましょう。基本的には、始業から終業の間に電話をかけることとなります。

10:10〜12:00

始業時間は企業によってそれぞれです。8時からのところもあれば、9時のところもあります。自動車業界などの工場を持つ会社は、親会社に時間を合わせているところも多く、8時や9時などが多い場合があります。逆に大手の企業となると、フレックスタイムを導入しているところも多く、10時から出社する人も多くいます。そのため、10時以降に電話すべきですが、10時から休憩の会社もあるため、10時10分以降に電話するのがいいでしょう。

13:30〜16:30

企業は、12:00〜13:00の間で休憩をとることが多いため、休憩明けに電話をするのが望ましいでしょう。ただ、休憩時間も部署によって違うことがあるため、余裕をみて13時30分以降としています。また、夕方については17:00で終わる会社もあり、終業直前に電話をすると迷惑となる場合があります。少し余裕を見て、16時30分までには電話をするようにしましょう。

 

基本的な話し方

企業に電話をした際に最低限抑えておきたい話し方について紹介します。入社してからも電話対応をすることは頻繁にあるため、就活をする時点で基本的なところはできるようにしておきましょう。

名乗る

電話をしたら、まず相手が名乗ってきますので、それに対して、「挨拶+大学名+名前」の順番で話をしましょう。挨拶は、「お忙しいところ、失礼致します」がよく使われるフレーズです。

担当者の電話を回してもらう

挨拶をしたら、要件を伝えましょう。「〜の件でお電話させていただきました。〜部の〇〇さんいらっしゃいますでしょうか?」と伝えましょう。

最後はお礼を伝える

要件が終わった後に、相手が時間を取ってくれたことに対してお礼を伝えましょう。また、電話で色々な要件を話した場合は、確認を込めて要点を伝えると相手にもわかりやすいです。

 

まとめ

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green22_bag20141123111535

企業へ電話をする際に注意しておくべき基本的なマナーについて紹介をしました。電話をかける際も、面接の一部だと思い、マナーを大切にしましょう。少し気をつけるだけで相手への印象も変わりますよ。

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
永井 梨緒
1995年生まれ。岡山県倉敷市出身。日本大学経済学部3年次在学中。大学1年次にサークルの立ち上げを経験。現在は大学で経営学を学びながら、メディア編集部にて活動。初対面の方とすぐ打ち解けられることにおいては誰にも負けません。