就活のあるあるなお悩みを紹介!みんなこれで悩んでる!

 

はじめに

就活をするということは、将来の自分について考えるということでもあります。自分の希望する就職先が見つからなかったり、周りが就職活動を終え始めたりすると不安になってきますよね。この記事では、誰もが抱えたことがある就活の悩みとその解決方法について紹介します。

 

1.自分は何がしたいのかわからない

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-sep_355215221321

就職活動をしていると漠然と思うのが、「自分は何がしたいのか」ということです。それは、自分のやりたいことがないのではなく、自分がやりたいことに気がついていない場合があります。その状態で、就職活動をしていくと面接の相手にもその気持ちが伝わってしまいます。

解決策としては、一旦就職活動をやめてみることをおすすめします。そして、自己分析をもう一度行いましょう。その時に、自分一人で分析を進めるのではなく、誰か知り合いに自分がどんな人間か聞いたり、昔の日記を見たり、親に小さい頃の自分について聞いてみたり、できるだけ周りから情報をもらいましょう。

 

2.友人の就活が終わって焦る

毎日頑張って就職活動をしているのに、なかなか就職先が決まらない時は焦りますよね。特に、周りの友人が先に決まってしまうと、特に焦ります。そのため、友人と会うのを控えてしまったり、引きこもってしまったり、落ち込んでしまいます。でも、こういう時こそ、自分のペースで進めていけば問題ありません。

解決策としては、とにかく周りと比較しないことです。というのも、受けている業界が違えば、選考の難しさやタイミングも違ってきます。友人や周りと特に比べるだけ意味のないことです。

ただ、就活をしている時は、そうは分かっていても焦ってしまいます。成果が出ない時ほど辛いことはありません。時には気分転換に、家族とご飯に行ったり、旅行に行ったり、自分がゆっくりとできる環境に行くことをおすすめします。

 

アピールポイントがない

この悩みは、最初の「自分は何がしたいのかわからない」という悩みと同じ部分があります。自分のアピールポイントないのではなく、気がついていないだけではないでしょうか。

解決策としては、自分の周りに自分がどんな人間か聞くことをおすすめします。就職活動をしているのは、みんな学生です。そこまで大きな実績やアピールポイントを持っている人は少ないはず。アピールの仕方や言葉の表現を工夫すれば、アピールポイントとなります。

 

まとめ

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-tsuch160130520i9a6560

就活の悩みと解決策について、紹介しました。実際に、これ以上の悩みを抱えながら就活をしている人が多いのが現状だと思います。苦しい時は、周りに相談しながら無理のないように就活を進めてください。

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
永井 梨緒
1995年生まれ。岡山県倉敷市出身。日本大学経済学部3年次在学中。大学1年次にサークルの立ち上げを経験。現在は大学で経営学を学びながら、メディア編集部にて活動。初対面の方とすぐ打ち解けられることにおいては誰にも負けません。