ベンチャー企業とは何?わかりやすく説明|定義/例/簡単に

ベンチャー企業とは何か?

皆さんはベンチャー企業と聞いてどのようなことを考えますでしょうか。実は、明確な定義は定められていないのです。

設立から5年程度、インターネットサービスなど新しいビジネスの領域を手がけていること、他にはベンチャーキャピタルなどの投資機関から出資を受けている会社、ベンチャー指定を受けている会社…などがベンチャー企業と呼ばれています。

“産業構造の転換期には、産業の主役が交代し、最先端の分野でそれまでなかった新しいビジネスが生まれ、そして新しい市場が作り出される。そんな時代のニーズを背景に、独自の技術や製品で急成長していく企業を「ベンチャー企業」と呼んでいる。”

[引用]コトバンク

以上のように天下のコトバンク先生は言っておりますが、その歴史を紐解くと、日本国内では過去に三度のベンチャーブームが起きています。

まず最初は1970年代前半。中小企業の株式を引き受けたり、コンサルティングなどの支援をおこなう中小企業投資育成会社の設立。
日本証券業協会が企業の発行する株式の情報を公開する制度を設けたために、たくさんのベンチャー企業が創業されました。

二回目は1980年代前半。テクノロジーが発達したり、流通業、サービス業が盛んに行われ、ソフトバンクやTSUTAYAなど今では名前を聞けば分かるような有名な会社もこの時期に作られたようです。三回目は1990年代中頃から。政府主導で、さまざまなベンチャー企業を支援する制度が作られました。これにより、起業を志す人が増えてきたそうです。

ベンチャー企業とはどういう会社例

ベンチャー企業に関してはよく分かったぞ。
では、具体的にどのような会社のことを言っているのかしら?と思うでしょう。


[引用]ベンチャー通信

そんな時におすすめなのは「ベンチャー通信」さんが行っているこれから成長が期待されるベンチャー企業100社限定のサイト、『ベストベンチャー100』などもあり
このベンチャーさんを最低限でも覚えておけばベンチャーの就職の時や転職の時は会社名では不便しないでしょう。

ベンチャー企業は簡単に入社できる会社なのか?

では、このようなベンチャー企業ですが、人数も少ないし。。実は簡単に入れちゃったり・・と考える人もいるのではないでしょうか。


wantedlyJEEKインターン など求人を見てぽちっと簡単に応募できますが、

・行動力がある人
・個性が強い人→円グラフで書くと一つの項目だけ突出して飛び出ている人。
・人をまとめる力がある人
・新しい技術力で新しい企画を考える力がある人

を求めている傾向があります。

大企業と中小企業の違い

では、中小企業と大企業とをベンチャーと比べてみるとどのように違うか?大企業や中小企業との違いは、「安定性をとるか将来性を取るか」ということではないでしょうか。

大企業とベンチャー企業の違い

大企業であればあるほど、今までにある特定のジャンルで成功をしてきており、新たに新しいことをすることもあまりありません。(もちろん、常に挑戦を続ける企業もありますが)

反対にベンチャー企業は新しい技術を取り入れ、設立して間もない会社が多く、大手に比べて社員が少ないので管理職や経営層に若いうちから上り詰められるチャンスも多いです。つまり、年功序列というよりも実力主義な会社が多いです。個人の努力がそのまま会社の浮き沈みに反映されるのでやりがいも感じられますね。

ですが、お給料を考えると大手企業の方が安心はできます。どちらをとるかは実際にインターンをしてみたり、社員さんに話を聞いてみたりなどし、自己分析を行ってから考えていく必要があるそうですね。

中小企業とベンチャーの違い

中小企業については、中小企業基本法によって明確に定義されています。
業界ごとでも細かく定義されているそうですね。

製造業その他→資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

卸売業→資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

小売業→資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人

サービス業→資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

このように法律でも詳しく定められているそう。

また、ベンチャー企業の場合このような条件且つ新しい技術を取り扱い、若い人が多く、風通しが良いところが加わってくる傾向があります。若い内でも実力を見てもらうことができ、少ない人数の中で事業に関わっていけるところがベンチャー企業のメリットなのかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

ベンチャー企業と大企業、どちらの方が私に向いているのかしら?

と考えている方も多いと思いますが、wantedlyにどのような求人があるか?大企業とベンチャー企業どちらの方が私に向いているか?など情報収集を自発的に行うことによって自分はどちらに向いているか考えていく必要がありそうですね。

その時間をこれから面倒くさがらずに作っていく必要あり、そのような時間を作ってこそ将来的により良いキャリアが気付けるのかもしれないですね。

以上大塚でした。

どろん

SHOKUMIRU公式LINE@で
就職・転職相談しよう!

SHOKUMIRUでは豊富な取材経験をもとに
ピッタリの企業や職場環境を提案しています。
インターン・新卒・転職相談等お気軽にご相談ください!

就職・転職相談する!

就職・転職相談する!


この記事を書いた人
大塚 理子
獨協大学法学部2年の大塚理子です。ライターだと思いますがご想像にお任せします。好きな食べ物はパン。埼玉県の東武線沿線のヴィドフランスは制覇し、一日に3種類はランチパックを食べないと落ち着かない性格です。